a long time ago

by 野口恵

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    Purchasable with gift card

      ¥1,800 JPY  or more

     

1.
私の名前 05:27
私の名前をつけたころ こんな町の青さに 打ちひしがれては 朝も夜も忘れた 私に名前をつけたのは そんな優しい言葉で 何を思えば あなたを思い出せるの 私の名前を呼んだのは 丸い丸い声で 時が経つほどに 心は何処へ消えたの 私の名前を知ったころ 遠い遠い、いつかの 思い出のような 未来を思い描いたの
2.
まるで外は雨模様 此処は些か寒空を 取って付けた様に淡く 人の征く隙間を埋める 僕は此処で くだらないことを思う まるでそれは風の様 それで何時しかその音は 一寸も思い出すことなく 君の住む心を埋める 僕は此処で くだらないことを思う
3.
リナリア 03:25
そっと手を引くあの夜に まだ心惹かれて 肌を濡らす雨の乾いたことにも 気付かぬまま明けた 花冷えの朝 あなたはどこへゆくの 日差しに目を眩ませた 束の間の出来事 四六時中は長い夢になり 目覚めぬまま過ぎた 終わらない朝 あなたはどこにいるの
4.
朧月夜 04:02
あの夜のことなら忘れたりしないわ 花明かりは軈て瞬きを留めた 見慣れた街角で 見慣れないあなたの 横顔は少し綻んでいた 小さな約束を秘密で塗り替えた 風の音で他に何も聴こえない 左の耳元で囁いた言葉が 溢れないように口遊んでいた まるで誰もいない朧月夜 あなたは何処へ帰るの 私は何処へゆくの あの夜のことなら忘れたりしないわ 溜息混じりの慰めみたいね あの夜のことなら忘れたりしないわ 平気な顔をして嘯いているの
5.
家の前を通り過ぎて 街灯を揺らした北風を往なした 君の声は遠ざかりながら 街の音は不意に静けさを増した 着慣れない長袖にそっと肩を竦めて 誰にも見えぬように小さく息を吐いた 次の角を曲がる辺りで 新しい景色に出会ったとして どんなことを思い出しても たったの一秒に息を詰まらせる 靴音が響く度 宵の闇が迫れば 些細な思い出さえ愛しく思えたのさ
6.
言った通りね がらんどうの夜はとても居心地が好い 街の外れには聴き逃したラジオの音が 微かに響いていた カーテンの隙間から溢れる灯りだけが 時間を教えてくれる あなたの香りだけが残ったこの部屋で また夜が明ける 置き去りのまま去った人は 今も私を思い出すかしら それとも今日の月の灯りに 心委ねて忘れてゆくかしら 巡り会う日はいつも夢の中で途切れて その先を知らないまま 瞼を閉じる度に 消えてしまう誰かを まだ忘れようとしていた カーテンの隙間から溢れる灯りだけが 時間を教えてくれる あなたがどこに行けど私がどこにゆけど また夜は明ける
7.
煙草の火が揺れている 白く煙る朝に隠れるように 君は瞼の裏で 昨日の夜をそっと そっと思い出していた 重い体を擡げ しばらくカーテンの外を眺めて 行き交う人の中に 見つかるはずのない遠い日々を探していた まるで違う街に紛れたまま今も 僕は此処が何処か分からずにいる気がしていた 例えばあの朝日が 君の居る街ごと包んだならば そのまま身を委ねて 僕はいつかの遠い日々に帰るから
8.
片道切符 03:59
開いては閉じるドアを 僕は何度となく見ていた 何かを待っているわけでも無いが そこには見覚えのない顔が 幾つも通り過ぎていった こんなことを言ったなら 君は笑うかもしれないが 毎日同じ場所をゆく電車が 見知らぬ場所へ運んでくれると 信じていたのかも知れない 君は電車に揺られる僕の ぼやけた顔を忘れたのだろうか 君は電車に揺られる僕を ただ黙って見届けていたのかい 折り返しで戻って 帰ってこられる程の街さ けれどもう帰ってこない街さ
9.
長く永く 04:58
地下鉄の生温い風が吹き上げる 都会の温度を感じながら 高い高いビルを見上げた 遠ざけた想い出を身勝手にまた引き寄せて 溜め息にも似た深呼吸で 憂鬱も愛しさも風に靡いて散ってゆくわ 長い長い夜を越えて 千切れた身体を拾い集めて もう一度出会う時には もう目を逸したりはしないわ 憧れた 羨んだ 遠くで眺めていた あなたの背中は眩しすぎて 手の届く距離には行けない いつからか忘れていた青い空に流れる 雲の行き先を今更憂いて願って しばらく思いを馳せていた 長く長く時が過ぎて 今日のことさえ忘れてしまっても あの頃よりも少しだけ背筋を伸ばして歩けるわ 長い長い夜を越えて 千切れた心を握りしめて もう一度出会う時には もう目を逸したりはしないわ
10.
時が過ぎるよりも早く ヘッドライトは都会を過ぎる 埋まるこの身体よりも 遠く沈みきった陽を想い出していた 今人混みに紛れ宵闇に飲まれ一人漂う僕は 明日の朝に焦がれた平凡な想いに憧れたままで 俯くことさえ忘れて空を仰いだ夜更けの僕に 何も知らぬ星は光る 僕が見た姿は誰も知らない 僕の声はどこまでこの足はどこまで 辿り着けるのだろう たとえばこんな日には深い溜め息で全てを許して こんな街に紛れて行き先も忘れて一人揺られる僕は 何食わぬ顔をしてきっといつまでもこんな風に 生きてしまうの
11.
”通りすがりのまま見知らぬままの二人なら 遠い昔のことを今も羨んでいたかしら” 繰り返し思い出せば 君がいた眩しい朝も 繰り返すことなどなく 気づけば南風に変えてくれるさ ふと静まり返る街に想いを馳せている もし君の名前を忘れてしまう日が来ても 繰り返し思い出すよ 手のひらに通う血潮を 繰り返すことなどなく 生きていた僕らのことを 繰り返し思い出すよ あの日から変わらぬ君を 繰り返し思い出すよ いつの日も変わらぬ僕を 繰り返し君のことを 繰り返し思い出すよ 遠い日の先に佇むその笑みを

credits

released September 5, 2018

vocal,guitar:野口恵
recorded,mixed:松本英人、三浦淳

license

all rights reserved

tags

about

野口恵 Tokyo, Japan

contact / help

Contact 野口恵

Streaming and
Download help

Report this album or account

If you like 野口恵, you may also like: